様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

冬鳥 旅鳥 漂鳥

美しいさえずりが特徴のアオジ!生態や観察ポイント、ノジコとの違い、見分け方は?

更新日:


パッと見た感じスズメかな?と思ったけれどお腹がきれいな黄緑で鳴き声も違う・・・もしかしたらそれはアオジかもしれません。

アオジにそっくりな他の鳥もいるので「絶対にアオジ」とは断言できないのですが、特徴や見分けるポイントなどを知っておけば「たぶんアオジ」と判断することができるようになるかも?

今回はアオジについて、その生態や特徴、分布や鳴き声に観察のポイント、それにそっくりな鳥との違いについてもご紹介しますね。

アオジの生態・特徴


アオジはスズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類され、全長14~16.5㎝で体重が16~25gとスズメよりちょっと大きなサイズの鳥です。

頭は暗緑色で胸や腹は黄緑色、背は暗褐色で胸と脇に茶色の縦斑があります。
オスは顔が黒いのですが、メスは黒くないので顔でオス・メスを見分けることができます。

繁殖期は開けた森林などに生息し、非繁殖期には藪地などでも見られることがあります。

用心深い性質で、冬季は市街地の公園などでも見ることができるのですが、植え込みの中などに潜んでいることが多く姿を確認することが難しいかもしれません。

非繁殖期には群をつくることもありますが、単独でいることが多いようです。

アオジの分布

アオジはユーラシアの北部で広範囲に繁殖し、東南アジアで越冬する鳥です。
夏季は中国、ロシア東南部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季になると中国南部、台湾、インドシナ半島などに南下します。

日本では北海道、本州中部以北で繁殖し中部以西で越冬する漂鳥で、繁殖期の夏は山地の明るい林や草原に接した林のへりなどに生息し、冬は平地から低山の明るい林の藪や、植え込みなどの藪があれば市街地の公園などにも生息します。

日本国内ではアオジは漂鳥に分類されていますが、冬になると海外から渡来してきて越冬する「冬鳥」に分類されるアオジも確認されていますし、渡りの途中で本州の日本海側や九州に飛来する「旅鳥」のアオジも確認されています。

アオジの観察のポイント


アオジは日本全国広い範囲に生息している鳥ですが、春から夏の繁殖期は高原や山地にいることが多いので、観察は公園など身近な環境で生息するようになる秋から冬がお勧めです。

しかし、アオジは用心深く単独行動が多いので、生息地に出かけてもすぐに見つけることができないかもしれません。
高原や山地での子育てを終えて市街地にも姿を見せるようになるアオジですが、初秋の頃はまだ警戒心が強く、茂みから出てくることは少ないといいます。

冬になると環境にもなれ藪から出てくる姿を見せることが多くなるので、観察に最も適しているのは2月から3月でしょう。
藪などのある生息地で「チッ」と小さな声が聞こえたら、その声がする周辺を観察し草や枝が揺れたりカサカサと音がするのを待ちます。

音や気配がしても動かないことが大切で、動いてアオジが気付いてしまうとすぐに逃げられてしまいます。
姿がちょっと見えたからといって慌てて追ったりせず、アオジが見やすい場所に出てくるのをじっと根気よく待つことで、しっかりと観察することができるでしょう。

アオジの鳴き声


アオジはホオジロに似た声で、鈴を震わせるようにさえずります。

「チョッチーチリチリチョー、チリリッチョリーチョ」などと、複雑な節回しで高音の美声を響かせます。
このさえずりは、5月から7月にかけての繁殖期に聞くことができ、オスがなわばりの主張やメスへの求愛のために行います。

さえずりはとても美しい声ですが、多くの野鳥がそうであるようにアオジの地鳴きも地味で「チッチッチッ」と鋭く鳴きます。
地鳴きは仲間同士のコミュニケーション、ヒナを呼ぶ時や警戒や威嚇する時にも発する声で、これはオスだけでなくメスも行います。

アオジと似たさえずりのホオジロやノジコと比較すると、アオジの節回しはゆったりしたテンポだといわれています。

アオジとノジコの違い

アオジによく似ていて、間違えられることが多い「ノジコ」という鳥がいます。

どちらもスズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥で、パッと見た感じが非常によく似ているため、素人にはアオジなのかノジコなのか見分けることが困難だといわれています。

アオジが漂鳥であるのに対し、ノジコは夏季になると渡って来て繁殖する夏鳥です。
また、ノジコはアオジよりも狭い範囲に生息し、日本では北の限られた場所でしか見ることができません。

この2つの鳥を見分けるポイントは、アオジが胸と脇に茶色の縦斑があるのに対し、ノジコの縦斑は脇のみであること。

また、ノジコには白いアイリングがありますが、アオジには無いことなどがあげられます。
ただし、体色については個体差があり、季節によって見分けることがさらに難しくなることもあります。

さえずりはどちらも同じような節を繰り返すので区別することが難しいのですが、アオジがゆるやかなテンポでさえずるのに対し、ノジコの方はそれよりもテンポが速いようです。

関連記事:ノジコ観察のポイントは?よく似たアオジとの見分け方、生態や鳴き声、分布も詳しく解説!

まとめ

アオジはさえずりが美しいことで知られている小鳥、繁殖期になると複雑な歌声を披露して楽しませてくれます。
冬の里山、公園などの茂みに隠れるように住んでいますが、繁殖期には目立つように枝にとまり大きな声でさえずって自己主張します。

実際に観察するのなら適した季節は非繁殖期の冬ですが、美しいさえずりを楽しみたいのなら夏の高原・山地に足を延ばして探してみてはいかかでしょうか。

-冬鳥, 旅鳥, 漂鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.