様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

ジョウビタキ 冬鳥

人と密接な距離感で観察がしやすいジョウビタキ、駆除の対象にされる理由とは?

更新日:


ジョウビタキはスズメぐらいの大きさで、オスメス共に可愛らしく、愛らしいしぐさが人気の鳥です。
冬に北方の地域から越冬のために日本にやってくる冬鳥になります。

オスは鮮やかなオレンジ色のお腹、メスは全体的にオリーブ色をしています。
明るく開けた場所であれば、住宅地周辺でも観察することができます。

今回は冬から春先に観察できる野鳥の代表格ジョウビタキについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ジョウビタキってどんな鳥?


ジョウビタキは冬になると北方の地域から渡り鳥として日本に飛来します。

オスは鮮やかなオレンジ色のお腹や背中、黒い羽に白いラインが入り、顔は黒く、頭部は銀鼠色です。
メスも背中が薄いオレンジ色またはヤマブキ色をしています。体全体はオリーブ色で、黒い眼がクリっとしていて可愛らしいです。

「ヒッ、ヒッ」とさえずり、火打石を鳴らしているような声を出します。
開けた場所であれば、住宅地や緑の多い都市公園、河川敷、空き地などでも見かけることができます。

なわばり意識が強いのですが、人に対する警戒心はそれほど高くありません。

樹上にいることもありますが、特にオスは地面近くや低木にとまってさえずることがあります。
そのため、ジョウビタキを間近で観察するならば、がなわばりにしている場所で、ジッと待っているとチャンスは大いに膨らみます。

ジョウビタキは木の実や昆虫などを食べるのですが、木のみが少なくなる冬は、ピラカンサなどの木の実のある樹木に集まっている様子を観察することもできます

関連記事:公園にもいるジョウビタキは野鳥観察初心者にオススメ!鳴き声、オスとメスの違いは?

大きさ

大きさは約14cmで、オスメス共に同じ大きさです。

オスのあざやかなオレンジ色の体色は、冬の枯れた草原や葉の落ちた低木などに止まると目立ちます。

メスは全体的にオリーブ色をしていて、背中から尾にかけて薄いオレンジ色またはヤマブキ色をしています。

ルリビタキのメスと似ていますが、大きさ(ジョウビタキの方がやや大きい)、人間に対する警戒度合い等で簡単に見分けることができます。

なお、オス同様にメスも開けた場所で見かけることができますが、背景に溶け込みやすい色をしており、観察の難易度は上がります。

関連記事:瑠璃三鳥の一つ、ルリビタキは幸せを呼ぶ青い鳥~鳴き声、分布、オスとメスの色の違い

餌付けで観察が可能?

秋の終わりから春先にかけて、木の実や昆虫が少なくなる季節は、庭のエサ台などに果実や木の実を置いておくと沢山の野鳥がやってきます。

ジョウビタキもそうした餌台を利用する野鳥で、特に果実やひまわりの種などを置いておけば、食べにきてくれます。

ただし、公園や森林、自然保護区など公共の場所での餌付け行為は固く禁止されています。

その理由は、餌付け行為によって野鳥本来の生態系などが攪乱されてしまうことや鳥から人への感染症にかかるリスクがあるからです。

野鳥への餌付け行為は自宅の庭先など限られた空間で、限度や常識の範囲内で行う必要があります。

時に駆除の対象となることも

見た目が可愛らしいジョウビタキですが、その見かけに反してオスはとても強いなわばり意識を持っていることで有名です。
そのため、窓ガラスや鏡、車のサイドミラーなどに映る自分の姿をなわばりに侵入してきた別のオスと勘違いする傾向があります。

ジョウビタキのオスは鏡に映った自分の姿を、なわばりに侵入されたオスだと勘違いして、必死に追い立てます。
追い立てる方法は様々ありますが、人間にとって実害となるのは足でひっかく行為や糞をかける行為です。

特に車のサイドミラーなどは被害にあいやすく、どのような対策をとっても被害が減らずに最終的には駆除をしたという話もインターネット上に散見されます。
ただし、個人での野鳥の捕獲は「鳥獣保護法」抵触する恐れがありますので注意が必要です。

実際に被害を被っている方にとっては、対策のしようがなく、腹立たしいことかと思いますが、こうした原因のためにジョウビタキを捕獲・駆除することは好ましくありません。個人でジョウビタキを捕獲する際は所定の専門機関や窓口へ事前に許可申請をする必要があります。

ジョウビタキのオスはなわばりが決まると、なわばりの中で必ず止まる場所というのができるのですが、そうした場所が最もが糞害に合う可能性があります。

対策として、窓ガラスやサイドミラーの場合は被せものをして姿を映らなくさせる方法があります。移動できるものは、場所を移動することも一つの手です。

またジョウビタキが止まる定点の糞害については、やはり移動できるものは移動し、できないものに関しては針金を巻くなど鳥が止まりにくい工夫を施すと良いでしょう。

この時、ネズミ捕りなどの粘着性のあるものを利用すると捕獲・駆除行為に抵触する恐れがあります。
さらに野鳥本体が傷つき、最悪死んでしまうこともあるため、使用は控えるべきです。

オスのジョウビタキは明るく開けた場所でなわばりを持つのですが、これはすなわち草刈りや、樹木の伐採など人が手をかけた空間を好む傾向があることを意味します。
人と野鳥が共に生きていくためにも、ジョウビタキをはじめ野鳥によって被害にあった場合は、専門機関や窓口に一度相談してみてください。

まとめ

ジョウビタキは見た目の愛らしさから冬鳥の観察会などでも人気の高い鳥です。

日本全国で見ることができ、開けて明るい場所があれば住宅地から山林まで幅広い環境で生息しています。

ジョウビタキの習性による糞害なども紹介しましたが、実害を受けた場合、野鳥に関する寛大な対応は誰にでもできることではありません。

駆除や捕獲は簡単にできますが、人間には柔軟な発想力があります。
ジョウビタキにはない知恵を人間が使うことで、お互いが共に生きていける方法を探ることが何よりも大切なのではないでしょうか。

-ジョウビタキ, 冬鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.