様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

クロツグミ 夏鳥

ツグミ属の中で最も小さいクロツグミの生態、特徴~鳴き声、色、オスとメスの違いは?

投稿日:


クロツグミと言う名前の鳥をご存知でしょうか。

日本三鳴鳥とも言われる鳴き声の美しい鳥は一般的にウグイス・コマドリ・キビタキと言われていますが、何故「クロツグミ」が入っていないのかと言う程美しい声で囀る美声の持ち主です。

今回はそんな「クロツグミ」という鳥について詳しくご紹介していきます。

クロツグミの生態・特徴

それではクロツグミの生態について見ていきましょう。

クロツグミはスズメ目ツグミ科に分類される鳥で、体長21.5cmとツグミの中では最も小さいサイズです。

クロツグミという名の通り体の色は全体的に黒く、お腹側は白地に黒い斑点があります。
くりくりとした大きな黒目が特徴でかわいらしい印象です。

主食は昆虫やミミズ、果実などで、地面をぴょんぴょん跳ねながら餌を探します。

寿命は3年程で、3年まで生きることのできない個体が多く、現在では数少ない夏鳥として大阪府のレッドデータブックでは絶滅危惧種のⅡ類にもなっています。

繁殖期は5月~7月でつがいで生活し、縄張りを持ちます。
巣はおわん型で枯れた枝、苔や土などを器用に使って山間部の木の枝に作ります。

卵は1度に3~4個産み、オスとメス両方でヒナを育て約2週間ほどで巣立っていきます。
ヒナは全体的に茶色っぽく、どちらというと成鳥の雌に近い感じで、頭の上にほわほわの毛が生えているのがなんとも可愛らしいです。

分布


そんなクロツグミですが、日本ではどこで見かけることができるのでしょうか?

クロツグミは日本周辺、ユーラシア大陸極東部という狭い地域に分布していて、冬季になると越冬のため西日本以南、中国南部・インドシナ半島などに渡ります。

日本には夏鳥として九州以北の全国にやってきます。
山間部の森林に生息し繁殖することが多く、この時期は市街地にある公園などで観察することができます。

人間の生活圏で餌を探すことからも警戒心が割と低いのか、意外と近くで見られる場合があるそうですよ。

魅力的な鳴き声

クロツグミの鳴き声ですが、大きく分けると「囀り」と「地鳴き」の二種類があります。

地鳴きは雄雌季節を問わず一年を通して鳴く声で、「キョキョキョ」「ジッジッ」など短く、仲間同士の伝達やコミュニケーションに使われていると言われています。

一方、「囀り」ですが、雄が雌を呼び寄せる為に独特のメロディーと節回しで囀り縄張りを主張します。

さえずり

そんな彼の詩にも描かれたクロツグミの美声ですが、「キョーコキョーコ」「チョチョリーチョ、チュー、チュリー」など木の高い位置で高く澄んだ声で囀ります。

これが本当に美しくレパートリーも多種多様で、時には他の鳥の囀りまで真似て自分の囀りの中に取り入れたりもします。
声量が豊かで大きい雄ほど雌に選ばれやすいということから、初夏の森では美しく透明感のある囀りが響き渡ります。

身体の色

クロツグミは名前の通り全体的に黒っぽい色をしており、雄は頭から背中、尾までが薄い黒色でお腹側が白で黒の斑点があります。
アイリングと嘴は黄色です。クロツグミの面白い特徴の一つとして、嘴が夏の繁殖期は鮮やかな黄色、冬になると少し茶色っぽい色に変わるという点があります。

オスとメスで色は違う?

雄と雌で色が違うのも特徴の一つです。

雌の体は赤褐色よりの茶色で雄と同じように白いお腹に黒い斑点があります。
雄は黒っぽく雌は茶色とはっきりと違いがあるので判別し易いですが、雌は茶色の幼鳥と色が似ている為、少し分かりづらいのだとか。

見分ける時は嘴が黒いのが幼鳥と覚えておいた方が良さそうです。

まとめ

囀りが美しいクロツグミをご紹介しましたが、ツグミは繁殖期以外の季節は意外にも口を閉ざしているので「口を噤む」=「ツグミ」という名前がつけられたと言われています。

そしてツグミは、木に止まっているより地面をピョンピョン跳ねるように歩いている方が圧倒的に多いのです。
その姿が馬に似ているというので「鳥馬」という古い呼び名もあります。

繁殖期の夏場は日本各地に来ているので、公園や近くの野原に行って見ると意外と簡単に出会えるかもしれません。
ピョンピョン跳ねるように歩く愛らしい姿、是非ご近所で見つけてみて下さい。

関連記事:身近にいるのに知られていないツグミ、実際のところはどんな鳥?生態、鳴き声、色合いは?

-クロツグミ, 夏鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.