様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

オオルリ 夏鳥

これってオオルリ?似ている鳥やオスとメスの色の違い、こだわりの巣まで詳しく解説!

投稿日:


日本でも見ることができる青い鳥、オオルリは姿も鳴き声も美しいと人気の鳥です。

ぜひ観察してみたい野鳥のひとつですが、これまで見たことがないというのなら、他の野鳥と見分けることが難しいかもしれません。

もちろん目立つ鳥ではあるのですが、そっくりさんが存在したり、オスとメスでは別種類の鳥に見えたりするので探す時には戸惑ってしまうこともあるでしょう。
オオルリがどんな鳥なのか、特徴やそっくりな鳥、オスとメスの違いなどについて紹介したいと思います。

オオルリってどんな鳥?


オオルリは繁殖目的で日本に渡来する夏鳥で、4月頃に渡来して10月頃まで見ることができます。
スズメ目ヒタキ科オオルリ属に分類され、全長は約16㎝、体重は20~26gでスズメと同じくらいの大きさです。

非常に美しい瑠璃色の羽色で、「青い鳥御三家」のひとつであり、美しいさえずりから「日本三鳴鳥」のひとつとしても知られている鳥です。
美しい羽を持つのはオスだけで、メスは地味な茶褐色ですが、オスも生後2~3年以前の若鳥時代にはメスと同じく羽の色が茶褐色です。

日本での生息地は九州以北の山地の渓流、湖沼、湿地に隣接する林などで、昆虫やクモ類などを捕食します。
繁殖期は観察が難しいのですが、春と秋の渡りの時期には市街地でも木々の多い公園などで見ることができます。

オオルリを観察するには、その美しいさえずりを頼りにすることで見つけやすくなりますが、さえずる場所が高い木のてっぺんであることが多いので、声がしたら高い木に注目してみましょう。

関連記事:オオルリは幸せの青い鳥?特徴のある鳴き声・生態や分布、生息地はどこ?

オオルリの巣について


オオルリは巣作りにはとことんこだわる鳥です。

場所は樹木のへこんだ部分、岩の上や崖、人家のひさしの下などにも作ることがありますが、いずれも巣材はコケで器用にお椀形の巣を作ります。
特に好んで使うのは「トヤマシノブゴケ」というコケだそうで、地域が違ってもオオルリはこのコケを選んで使うことが多いようです。

コケ同士を上手に絡ませ、卵を乗せるくぼみは特に居心地が良くなるように、細くしなやかなコケを使うといいます。

保温性と保湿性に優れ、クッションとしても役目も果たす素材のコケですが、巣の外側にも貼り付けることで、周囲の木の葉の緑にまぎれさせ天敵に見つかりにくくする効果があります。

オオルリとコルリとの違い

「オオ」ルリと「コ」ルリですから、大きさが違うというのは名前から分かるでしょう。

オオルリは全長約16㎝なのに対し、コルリは全長約14㎝とオオルリよりも小柄です。
ただ、オオルリはスズメ目ヒタキ科オオルリ属ですが、コルリはスズメ目ツグミ科と分類は異なります。

また、どちらも日本には繁殖のために渡来する夏鳥なのですが、オオルリよりもコルリの方が観察が難しいといわれています。

オオルリに比べると、コルリの方が標高の高い場所に生息し、オオルリのように樹上でさえずったりすることも少なく、クマザサなどが生い茂る藪を好むということで、なかなか姿を見せてくれません。

また、どちらも青い鳥ですが、オオルリの青い羽は光沢のある鮮やかな青で、コルリは暗青色と色味に差があります。
オオルリの場合は顔から喉にかけて瑠璃色で胸から下が白色ですが、コルリの場合は喉から胸を含む下面はすべて白色になっています。

オオルリの特徴的な身体の色について


体の下面、お腹の部分は白くそれ以外は青という、コントラストが鮮やかなオオルリ。
その青も紫がかってツヤのある瑠璃色で、バードウォッチャーの間では憧れの鳥のひとつだといいます。

この美しい体色はオスのみですが、オスは成長してすぐにこのような鮮やかで美しい羽になるわけではなく、オオルリ独特のあの美しい色彩が現れるまでは、2~3年かかるといわれています。

オスの幼鳥はメスと同じように羽の色は茶褐色、背面の一部と風切羽、尾羽が少し青くなっているだけで、青と白がはっきりした鮮やかな成鳥と比べると、違う種類の鳥のようにも見えます。

オオルリはオスとメスで色は大きく変わる

オスは頭の上面、背中、尾羽まで瑠璃色でお腹は白色ですが、メスは頭から尾羽にかけて背面が茶褐色、喉やお腹の下面は白色です。
鮮やかな色彩のオスと比較して、メスは地味な印象を受けます。

多くの野鳥はオスの方が派手な色彩でメスは地味なのですが、オオルリのメスの場合も当てはまるようです。
また、メスは同じスズメ目ヒタキ科の「キビタキ」や「コサメビタキ」に似ているといいます。

オオルリと名前はついているけれど瑠璃色ではないメス、他の鳥と間違える可能性がありますが、その体色のおかげで巣作りをする崖や岩の隙間で目立たない、見つかりにくいというメリットがあります。

まとめ

写真で見たオオルリは色鮮やかで可愛らしい!

でも実際に観察に行って、はたしてオオルリを見つけることができるでしょうか?

体が青ければ「オオルリ?」と思ってしまうし、メスは青くないので見逃してしまいそう、でも特徴を頭に入れ出現しやすいポイントを抑えて観察を楽しむことも可能でしょう。

高い木の上で、美しい声でさえずっている青い鳥を探して・・・その青い鳥、オオルリを見つけることができたら、それだけでも幸せになれそうですね!

-オオルリ, 夏鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.