様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

シマエナガ

可愛くて話題沸騰のシマエナガ!鳴き声、分布、観察は難しい?

更新日:


シマエナガという名前は思い浮かばなくても、もふもふした白くて愛らしい小鳥といえば分かるのではないでしょうか。

ネットでも話題になり瞬く間に野鳥界のアイドルに!
あまりの可愛さに写真集やぬいぐるみなどのグッズも数多く出回っています。

写真を見ているだけでも癒される、そんな存在のシマエナガについて、名前の由来や意外な生態、分布など、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シマエナガってどんな鳥なの?


シマエナガは、スズメ目エナガ科エナガ属に分類され、日本に4亜種存在するエナガのひとつであり、日本では北海道に生息しています。
他のエナガと同様に丸い頭部に長い尾、小さく短いくちばしが特徴の鳥で、体長は12.5㎝~14.5㎝、翼開長は約16㎝、体重は5.5~5.9g程度です。

身体の長さは短くてスズメと比較するとかなり小さいのですが、尾羽が長いため体長はスズメと同じくらいの長さになります。
身体の大きさ、形、羽の色など他のエナガとの違いはほぼありませんが、シマエナガには頭部の黒い眉斑(びはん)、過眼線(かがんせん)がなく、顔が真っ白な毛で覆われているのが特徴です。

フワフワの丸い身体、真っ白な顔に黒い目がまるでぬいぐるみのようだと話題になり、写真集や様々なグッズが販売され雪の妖精森の妖精とも呼ばれています。

漢字で書くと「島柄長」ですが、この「柄長」とは木に止まっている姿が柄杓(ひしゃく)に似ていること、さらに柄の部分、つまり尾が長いことからこのように名づけられました。

シマエナガの生息地は?

日本にいるエナガは4亜種で、「エナガ」が本州、「キュウシュウエナガ」が四国や九州、「チョウセンエナガ」が対馬や隠岐諸島、佐渡島、そして北海道にシマエナガが生息しています。

シマエナガの「シマ」は「島」の意味、北海道をあらわしています。

日本では北海道のみで見ることができるといわれていますが、まれに東北北部で観察されることもあります。
日本以外ではヨーロッパ北部と東部、シベリア、韓国といったユーラシア大陸の中緯度地方にも分布しています。

低地や低山帯の林に生息し、冬季は3~20羽ほどの群れで過ごすのですが、シマエナガ以外のヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラなど、違う種類の小鳥と混群することも多いという特徴もあります。

シマエナガの観察の難易度はかなり高い?


シマエナガはエナガと違い、北海道以外では見ることができない鳥です。
ですから観察するためには北海道まで足を延ばす必要があります。

また、とても小柄ですばっしこく、用心深い鳥なので見つけたとしてもじっくり観察することは簡単ではないでしょう。

また、最もシマエナガが可愛らしく見えるのは寒さの厳しい時期、より羽毛がふわふわになりまるまるとして見えるので、観察するのなら冬季が最もお勧めということになります。ただ、生息しているのが北海道でしかも寒さが厳しい冬季ということで、寒さ対策を万全にして臨む必要があるでしょう。

ただ、北海道内であれば都心部でも真冬なら木々の多い公園などで見ることができるので、冬の北海道を訪れる機会があったらシマエナガの姿を探してはいかかでしょうか。

シマエナガの鳴き声は?


シマエナガも他のエナガと同じように鳴きます。
「チーチー」「チー」といったシジュウカラ科の鳥に似た声を出しますが、エナガ独特の声として「ツリュリュ」や「ツリリージュルリ」といったような声も出します。

「チーチー」はさえずりで繁殖期のオスの鳴き声、「ツリュリュ」や「ツリリリ」は天敵である猛禽類やカラスなどの群れが近付いた時の警戒発声だといわれています。

身体が小さく動きが早いシマエナガなので、姿を見つけることは難しいのですが、これらの鳴き声を覚えておくことである程度の居所を知ることができ、観察しやすくなるでしょう。

シマエナガとエナガの違いは?

シマエナガとエナガは、どちらも日本に生息するエナガの亜種で、体長や体重、コロンとした体型や短いくちばしなど外見はほぼ同じです。
異なる点は、エナガには黒い眉斑(ヒトでいうと眉毛にあたる部分)と過眼線(目を中心に目の先から後方までを結ぶ線)があるのに対し、シマエナガにはそれがなく、頭部全体が白くなっていることです。

そのため、見た目の印象が異なるので、シマエナガは「雪だるま」や「雪の妖精」などと呼ばれています。
ネットでも話題になり写真集やグッズも多く出回っているのは、エナガではなくシマエナガで、正面から見た顔が特に愛らしいと大人気です。

また、エナガは本州の広い地域で見ることができますが、シマエナガは北海道でのみ見ることができます。

関連記事:エナガはまるでぬいぐるみ!まんまる体型で最高に可愛いのはどの季節?

まとめ

シマエナガが野鳥界のアイドルになったのは最近のことですが、野鳥愛好家の間ではずっと以前から特別な存在でした。
とにかく可愛いくて木の枝に止まっていても羽ばたいても、どんなポーズでもぬいぐるみを見ているよう!

そんなシマエナガがこれまでそれほど知られていなかったのは、なかなか姿を見ることができず、情報さえも少なかったというのが主な理由です。

現れてもすぐにさっと姿を消してしまうシマエナガ。
そんな姿から「森の妖精」とも呼ばれていますが、その森の妖精を写真に収めようと生息地の北海道を訪れる人は年々増えています。

-シマエナガ

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.