様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

ウグイス 留鳥

ホーホケキョで御馴染みのウグイスは実は地味な鳥?鳴き声の特徴と鳴く時期、観察のポイントは?

更新日:


鳴き声は「ホーホケキョ」、それはなんの鳥?と聞かれたら「ウグイス」とほぼ間違いなく答えるのではないでしょうか。
野鳥には詳しくなくても知っている、ウグイスは日本人にとってなじみ深い鳥ですよね。

でも、鳴き声以外にウグイスについて知っていることはありますか?

体の色でしょうか、姿を現す場所でしょうか。

残念なことに、ウグイスについて間違った知識を持っている人は多いといいます。
今回はウグイスの本当の姿・真実について迫ってみたいと思います。

ウグイスの生態・特徴


ウグイスはスズメ目ウグイス科ウグイス属で、オスが約16㎝でメスがやや小さい約14㎝くらいの、スズメとほぼ同じ大きさの鳥です。
ホーホケキョというさえずりがおなじみの鳥で、そのさえずりの美しさから日本三大鳴鳥の1つ(他はオオルリ、コマドリ)とされています。

体色は背中がオリーブ褐色で、腹部は白く全体的に地味な色の野鳥です。
「ウグイス色」といえば、うぐいす餅やうぐいす豆のような黄緑色を指すことが多いのですが、実際のウグイスの色はそれよりもくすんで灰色がかっています

食性は雑食で小型の昆虫や幼虫、クモ類、冬場になると植物の種子や木の実なども食べます。
ウグイスは春になると梅や桜の木にとまり、花の蜜を吸ったりしているというイメージがありますが、実はそれはウグイスではなくメジロに多く見られる行動です。

体色が同じく緑がかっていることでメジロをウグイスだと誤認しがちですが、ウグイスは開けた場所や樹上よりも藪を好むので、多くの地域ではメジロのように頻繁に見ることはできません。

ウグイスの分布

ウグイスは日本以外にも、東アジアに広く分布している野鳥です。

日本、サハリン、中国の東部や中部で繁殖し、台湾、東南アジア、中国南部や東南部で越冬します。

ハワイ諸島にも分布しているのですが、小笠原諸島や南西諸島のウグイスとは羽の色が異なることから、日本からの移民が持ち込んだウグイスだと考えられています。

日本ではほぼ全国に分布しており、1年を通して生息している「留鳥」ですが、寒冷地の個体は冬になると暖かい地域へ移動することもあります。

ウグイスの観察のポイント

ウグイスは春になると花の咲く木にとまってホーホケキョとさえずる鳥だと思われがちですが、実際は警戒心が強くて藪に隠れていることが多く、人の前にはなかなか姿を見せてくれません。

また、体色も目立ちにくく地味な色合いなので、盛んにさえずる繁殖期以外は見つけることが難しいかもしれません。
繁殖期になると、さえずりの途中で開けた場所に姿を見せることがあるので、見つけやすくなります。

さえずりが聞こえたら、聞こえた方角の木の枝先を探しましょう。
また、笹やぶに生息しているので、笹やぶを探しその近くで静かに待っていると姿を現すかもしれません。

また、秋冬に山地から平地に降りてきたウグイスは、早春「ホーホケキョ」と鳴く練習をし、春が深まり繁殖のため山に帰る頃になると、練習の成果が表れてかなり上手にさえずることができるようになるといいます。

山地では春先から盛夏までウグイスのさえずりを聞くことができますが、そのさえずりは平地で聞くよりも美しく聞き応えがあるようです。

ウグイスの鳴き声


ウグイスの「ホーホケキョ」はさえずりで、その後に「ケキョケキョケキョ・・・」と続くことがあります。

「ホーホケキョ」は他の鳥への縄張りを宣言する声で、「ケキョケキョケキョ」の部分は谷渡り、あるいは飛び鳴きといい、侵入者や外敵への威嚇とされています。

ケキョケキョというオスの声を聞いたメスは、自分の身の安全を確保し巣の位置を知られないようにするために、ヒナへの餌の運搬を中断するといいます。

また、ホーホケキョの「ホー」は吸う息で、「ホケキョ」は吐く息で、胸をいっぱいふくらませてさえずるので、体は小さいですがとても良く通る声です。
一方、地鳴きはさえずりとは違い地味な鳴き方で、「チャッ、チャッ」や「ジャッ、ジャッ」と鳴きます。

ウグイスの鳴く時期、季節

ウグイスがさえずり始めるのは本州中部あたりで2月初旬頃ですが、その年初めてホーホケキョと聞こえた日をウグイスの初鳴日と呼び、気象庁が生物季節観測に用いています。

早春に鳴き始めるので、ウグイスは「春告鳥」という別名もあります。

平地ではさえずりが良く聞こえるのは早春ですが、山地では8月下旬頃までよく聞くことができ、勢いは衰えて弱々しくなりますが、10月頃までさえずることもあります。

まとめ

ウグイスは思ったほどウグイス色ではないし、さえずりが華やかな割に姿は地味で目立たない、控えめな性格のようです。
梅や桜の花咲く季節に、ウグイスだと思っていたウグイス色の鳥はメジロだったのかもしれません。

早春盛んにホーホケキョと鳴くのは練習で、本番はステージを山地に移してからとのこと、その見事なさえずりを鑑賞したいのなら、春から夏の爽やかな季節に山地まで足を延ばしてみてはいかかでしょうか。

関連記事:古くから人との関わりを持つウグイス、実際の色、大きさ、メジロと間違われる理由は?

-ウグイス, 留鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.