様々な種類の野鳥の生態、特徴、鳴き声などを写真付きで紹介しています。

野鳥の森

ウグイス 留鳥

古くから人との関わりを持つウグイス、実際の色、大きさ、メジロと間違われる理由は?

投稿日:


様々な野鳥の写真を見せられた時に、どの鳥がウグイスなのか見極められる人は少ないのかもしれません。

簡単でしょう、ウグイス色の鳥だから!と指さしたそのウグイス色の鳥は、違う鳥である可能性が高いです。
ホーホケキョと鳴いているウグイスは、いったいどんな鳥なのでしょうか。

知っているようで本当はよく分かっていないかもしれないウグイスについて、色や大きさ、似ている鳥との比較など詳しくご紹介しましょう。

ウグイスってどんな鳥?

ウグイスはスズメ目ウグイス科ウグイス属の鳥で、大きさはほぼスズメ大です。オスが約16㎝でメスが約14㎝とオスの方がメスよりも大きく、体色はオス・メス同色で背中はオリーブ褐色で腹部が白色と、目立たない地味な色あいの鳥です。

日本では全国の平地から山地に生息し、周辺に藪のある場所を好みます。非常に警戒心が強い鳥なので、藪に隠れて姿を現すことが少ないのですが、繁殖期になりさえずるようになると開けた場所に出てくることがあります。

ホーホケキョという美しいさえずりで知られるウグイスは日本三大鳴鳥の1つで(ほかにオオルリ、コマドリ)、早春に鳴き始めることから「春告鳥」とも呼ばれています。平地では早春から春頃までさえずりを聞くことができますが、繁殖のため山地へ移るウグイスは春から盛夏まで美しいさえずりを聞かせてくれます。

食性は雑食で主に昆虫や幼虫、クモ類などを捕食します。動物性の餌が少なくなる冬場は植物の種子や木の実なども食べることがあります。

関連記事:ホーホケキョで御馴染みのウグイスは実は地味な鳥?鳴き声の特徴と鳴く時期、観察のポイントは?

ウグイスの歴史、人間とのつながり


ウグイスはその美しいさえずりが特徴の、日本で古くから親しまれてきた野鳥です。

万葉集や古今集などにも登場し、春告鳥や歌詠鳥、経読鳥などの別名を数多く持っています。
経読鳥とは、ウグイスのさえずり「ホーホケキョ」が「法、法華経」とお経のように聞こえたことが由来となっています。

今現在、ウグイスは鳥獣保護法で保護され捕獲や飼育は禁止されていますが、古くからウグイスの飼養は行われてきました。
平安時代には貴族の間で「鶯合(うぐいすあわせ)」という遊びが流行しましたが、これは飼育したウグイスを持ち寄って、さえずる声の優劣を競うというものでした。

室町時代の足利義政の頃や、江戸時代の文化から弘化にかけても飼養が流行し、徳川家治や徳川家斉もウグイスの飼養に夢中になったといわれています。
現在は鳥獣保護法により捕獲や飼育が禁止されているのですが、ウグイスに声を競わせる「鳴き合わせ」が密かに行われることもあり、密漁が絶えないのが現状です。

また、日本全国の多くの自治体がウグイスを「自治体の鳥」に採用し、県の鳥や市町村区の鳥に定められているのですが、それだけウグイスがなじみ深く親しまれている鳥であること、大切にしたい鳥であるということが分かります。

ウグイスの色


ウグイスはオスもメスも同じ体色で、背中が灰色がかった緑褐色でお腹は白色です。

「ウグイス色」といえば、一般的に抹茶の色のような黄緑色を連想するかもしれませんが、正式な「鶯色(うぐいすいろ)」とは灰色がかった緑褐色、未成熟のオリーブ果実のような色を指します。

実際のウグイスも黄緑色ではなく、くすんだオリーブ色で、抹茶のような黄緑色を想像していたなら違和感を感じることでしょう。
実は、抹茶のような黄緑色「ウグイス色」の羽を持つ鳥はメジロで、このメジロの体色を「ウグイス色」と呼ぶようになったようです。

ウグイスの大きさ

ウグイスはオスが全長約16㎝、メスが約14㎝でスズメと同じくらいの大きさです。

よくウグイスと間違えられるメジロは全長約12㎝と、ウグイスの方が体は大きめです。

また、似ているとされる鳥の一つにホトトギスも挙げられます。
このホトトギスは、ウグイスに托卵(卵の世話を他の個体に託すること)する習性があるのですが、ホトトギスは全長28㎝ほど。

ホトトギスと比べてもウグイスはかなり小さく、ウグイスに世話をされるホトトギスのヒナは、巣立ちが間近になるとウグイスの数倍もの大きさに成長するといいます。

ウグイスとメジロとの違い

多くの人がメジロをウグイスだと勘違いしているといいます。
2羽とも春になると存在をアピールする鳥であること、体の大きさも同じくらいで体色が緑っぽいという共通点があります。

しかし似ているようでも実際に比較してみると、メジロの方が鮮やかな黄緑色でウグイスは全体的に地味なくすんだ緑褐色、メジロには白いアイリングがありますがウグイスにはありません。

また、「ホーホケキョ」と鳴くのはウグイスで、メジロのさえずりは「キュルキュル」「ピーチュルチー」などです。メジロは花の蜜が好物で、春になると梅やツバキ、サクラなどの花を求めて人間の前にも姿を見せますが、ウグイスは警戒心が強くて藪中に潜んでいることが多く、花の蜜を吸うことはなく虫やクモ類などを食べています。

まとめ

なぜメジロをウグイスだと思い込んでしまうのか、それはウグイスが姿を見せないのに美しいさえずりを聞かせ、人目に付きやすい梅や桜の木に色鮮やかで可愛らしいメジロが止まっているからだといわれています。

美しいさえずりと美しい体色を結びつけてしまい、メジロをウグイスだと勘違いしてしまうのですね。

本当のウグイスは姿も行動も地味で人前にはなかなか出てこないといいます。
抹茶のような黄緑のウグイス色は、実は「メジロ色」だったようですね。

-ウグイス, 留鳥

Copyright© 野鳥の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.