キツツキの一種、ヤマゲラの生態と分布~鳴き声、大きさ、北海道以外では観察は難しい?

キツツキの一種、ヤマゲラの生態と分布~鳴き声、大きさ、北海道以外では観察は難しい?


ヤマゲラは北海道全域で観察できるキツツキの一種です。

1年を通して平地や山林の森林で生息していますので、北海道で生活する方にとっては馴染みのある鳥かもしれません。

ヤマゲラの他にはアカゲラ、アオゲラ、コゲラなどのキツツキがいますが、彼らは見た目も可愛らしく、観察していて飽きない鳥でもあります。

彼らは樹木に害を及ぼす昆虫を捕食したり、他の生きもののすみかを提供したりと自然界で重要な役割を担っています。

今回はそんなヤマゲラの生態について見ていきましょう。

ヤマゲラの生態

ヤマゲラは日本では北海道のみに生息する野鳥です。

本州以南に生息するアオゲラと姿が似ていますが、そもそも種が違い、モスグリーンやオリーブ色のような体色が特徴的です。

平地や山林で生息していて、1年を通して観察ができる留鳥になります。

繁殖期は5月から6月で、繁殖期はつがいで行動しますが、繁殖期以外であっても群れを作ることはせずに、単独で行動することが多いです。

なお、他のキツツキ同様、巣穴を開けたり、エサを探す際に木をつつくドラミングが特徴的で、ヤマゲラを探すときは、鳴き声で探す方法よりもつつく音で場所を特定します。

ヤマゲラの分布

北海道のみに分布するヤマゲラですが、落葉広葉樹や針葉樹など森林だけでなく公園や果樹園などの開けた場所でも分布しています。
冬には住宅地のそばや海岸近くでも観察されています。

世界では、ロシアや朝鮮半島、台湾、西ヨーロッパ、インドシナ半島などでも分布が認められています。
本州でも栃木県や青森県などで迷鳥として観察されている例もありますが、基本的に北海道でのみ見ることができます。

本州の方にとっては珍しく、北海道の方にとっては身近な野鳥かもしれませんね。

観察の難易度は高め

ヤマゲラは北海道に行かなければ観察できないので、観察の難易度は高いです。

体の色であるオリーブ色が森林の背景と混じり、姿を捕えるのが難しく感じます。
ヤマゲラは北海道全域で留鳥として生息していますが、観察するには多少の時間と忍耐が必要かもしれません。

※本州ではヤマゲラに似た鳥でアオゲラがいますが、こちらも同じ理由で観察するのは少し難しいです。

観察のポイントとしては他のキツツキ同様、ドラミングでしょうか。

ドラミングの音を聞き、巣穴となっている樹幹の穴を探すなどヤマゲラのいる痕跡を探しながら、観察ポイントを見つける必要があります。
こうしたフィールドサインを探すのも野鳥観察の一つの醍醐味でもあります。

北海道に行く際は是非とも探してみてください。

ヤマゲラの鳴き声

ヤマゲラは「キョッキョッ」と鳴きます。
警戒しているときは「ギョッ」と鳴くことがあります。

繁殖期のオスは「キョーキョキョキョ」と高い声で鳴き、長い声でさえずります。

と似た鳴き声ですが、北海道でアオゲラのような声が聞こえたらヤマゲラが近くにいることになります。ドラミングはアカゲラなどと同じようなリズムで行います。ドラミングはキツツキの仲間が木の幹をくちばしでつつく行為です。

ヤマゲラの大きさ

ヤマゲラは全長30cm程度ですので、大きさとして見てもアオゲラと似ています。

キツツキの仲間は大きさも様々で、一番身近なコゲラはスズメ程度の大きさで、15cmの可愛らしいサイズです。
里山や森林、山地などに生息するアカゲラは大体23~24cmと、やや小さめになっています。

ヤマゲラが木の幹を登り、ドラミングする姿を見るととても大きな鳥である印象を受けます。

ちなみに、キツツキの中でも大型のクマゲラは47~57cm程度の大きさです。

真っ黒な体色ですので、飛ぶ姿はまるでカラスのようにみえます。
こうして比較すると、ヤマゲラはコゲラやアカゲラより大きいですが、クマゲラに比べると小さいキツツキであることがわかりますね。

関連記事:おなじみのキツツキ、実は種類が豊富で特徴も各種で異なるのはご存じですか?

アオゲラとの違い、見分け方

アオゲラとヤマゲラは、前述のとおり、生息地が大きく違うので自然界で見つけた場所によって見分けることができます。

また繁殖期の鳴き声も、ヤマゲラの場合、は少し尻下がり気味にさえずるため、把握していれば区別することができます。

見た目の違いは大きく2つあります。

まず1つめは、アオゲラはオスメスともに頭が赤いですが、ヤマゲラのメスの頭は赤くありません。

そして2つめは、アオゲラには顎線と呼ばれるところに赤色が入りますが、ヤマゲラには入らないことです。

関連記事:キツツキの一種、アオゲラの生態、分布~鳴き声、オスとメスで違いはある?

キツツキはドラミングや巣穴などの手がかりをもとに姿を探すことが多いですが、なかなか姿を見つけることは簡単ではありません。

ぜひ北海道にお住いの方や、北海道にお出かけの際は北海道ならではのヤマガラなどのキツツキを観察してみて、本州以南に住むキツツキとの違いを探すのも面白そうですね。

まとめ

ヤマゲラカテゴリの最新記事